• HOME
  • 加工技術紹介/手動着脱式カメラ「monocam®」による機上でのワーク形状/寸法確認

加工技術紹介 / TECHNIQUE

手動着脱式カメラ「monocam®」による機上でのワーク形状/寸法確認

ポイント

製品特徴

特徴1簡単着脱

専用ブラケットに差し込むだけの簡単装着(加工中はmonocamを取り外します)

特徴2底刃測定に対応

W軸を旋回させることで外周部だけでなく、底刃も形状/寸法確認可能

特徴3高い視認性

光量調整つまみは操作盤下に設置。測定部位が見やすいように、光量を細かく調整可能(15段階)。視認性を向上させるバックライト搭載

測定画面をマウスでクリックする事で、
測定コマンドを使用した各種寸法確認が可能となります

測定画面(スクエアエンドミルφ8)

測定画面は操作盤のディスプレイに表示されます測定コマンドから2点間距離/角度/Rサイズ等様々な測定が可能です

測定画面

  • ヘールバイト(バイト幅1mm)
  • スクエアエンドミル (φ3)※外周2番幅、角度測定
  • ドリル (φ4)※先端角度測定
  • バックライト点灯画面※3点円によるRサイズ測定
・測定対象工具径
: 外径寸法8mmまでの工具を全画面表示可能
・取り付け可能機種
: AGE30/MG30/CNJ2
ページトップへ戻る